女医

豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる

効率よく学びたい方へ

整体

様々な方が学べる

理学療法士を目指す養成校は多々ありますが、専門学校の一部には夜間コースが設置されているケースも少なくありません。夜間コースのほとんどは、18時前後から授業が始まりますから、会社勤めの方でも安心して通うことができるようになっています。この他にも、大学や専門学校と両立するダブルスクールとして活用でき、フリーターの方、子育て世代のママなどが理学療法士を目指せる学校としても注目されています。また、夜間コースの授業時間は3時間〜4時間程度となっており、昼間コースに比べると短時間で設計されていることが多くなります。つまりは、昼間コースに比べるとややハードなカリキュラムが組まれていることは理解しておかなければなりません。ただし、短時間での授業である分、学費が安めに設定されているメリットは見逃し難いと言えるでしょう。

4年制が標準

理学療法士の夜間コースでは、授業時間を十分に確保するために、ほとんどのケースでは4年制が採用されています。ただ、少数派ではありますが、3年制のコースも設置されており、これらのコースでは、夜間の効率良く学べるメリットや学費節約のメリットを最大限に活かすことができます。ただし、理学療法士試験に合格するためには、豊富な知識と実技スキルが求められますから、学校以外での学びが重要となります。つまりは、夜間の3年制コースを選択するのであれば、自学自習の習慣がしっかり身についていることが条件となることを理解しておきましょう。また、夜間3年制コースは、柔道整復師や介護士などの関連資格を取得している方が、効率よく理学療法士を取得したいケースに大きなメリットとなるでしょう。

スペシャリストになれる

レディ

医療系の大学は複数の学科や学部で構成されています。受講する学部などによって、取得できる国家資格に違いがあります。このため、入学する際には自身がどのような形で医療に関わりたいのかによって、選択肢が変化します。

もっと読む

東洋療法を職業にする

鍼灸

鍼灸マッサージ師は国家資格ですので養成施設や専門学校へ通って必要な科目を修得してから国家試験に合格しなくてはなりません。鍼灸マッサージの資格を得るのは大変ですが、資格がとれれば、様々な分野で幅広く活躍できます。

もっと読む

手に職をつける

看護師

偏差値の高い大学を出ても、機械に仕事を奪われる時代。人にしかできない、人に必要とされる仕事を考えてみるのはいかがでしょうか。この世に人として生き、体がある限り、切っても切れない医療の世界。看護学校は意外と身近にあり、年代性別を問わずに学ぶことができます。看護の世界で活躍してみませんか。

もっと読む

Copyright © 2016 豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる All Rights Reserved.