東洋療法を職業にする|豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる
ドクター

豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる

東洋療法を職業にする

鍼灸

国家資格が必要です

はり・きゅう・あん摩・マッサージ指圧など鍼灸マッサージは、東洋療法の一つとして日本だけではなく世界的にも注目されています。鍼灸マッサージ師になるためには、3年以上文部科学大臣が認定した養成施設か専門学校に通って所定の科目を履修した後に国家試験を受験して免許を取得する必要があります。国家資格を得ることで、カイロプラクティスや整体などの資格を必要としないマッサージとは区別されます。鍼灸マッサージの国家資格がないのに治療行為をおこなうことはできないので注意が必要です。鍼灸マッサージ師の国家資格取得後は、治療院へ勤務できる他独立開業の道も開けます。超高齢化社会を迎え、鍼灸マッサージは更に需要が高まることが予想されます。

幅広い活躍が可能

鍼灸マッサージの資格は取得までにお金も時間もかかりますし、勉強しなければならないことも多いのですが、一度国家資格を取得すれば様々な分野で幅広く活躍することが可能になります。例えば鍼灸を例にとってみると、美顔やダイエットのための美容鍼灸、スポーツでのケガやコンディションの調整、パフォーマンスアップをサポートするスポーツ鍼灸があります。他にも、高齢化社会において年齢に伴う関節の痛みなどにも鍼灸でケアすることができますし、生理痛や更年期障害などの女性特有の不調にも対応できます。患者さんの自然治癒力を高めることで身体の不調を整えていく鍼灸マッサージ師は、身体も心も癒やすことができる魅力的な職業なのです。

Copyright © 2016 豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる All Rights Reserved.