手に職をつける|豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる
ドクター

豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる

手に職をつける

看護師

身近にある専門的な職業

昨今、コンピュータやロボット等、機械技術が発達しており、私たちの仕事の一部がオートメーション化されています。偏差値の高い良い大学を出ても、正確で速い機械に仕事を奪われていく中で、不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。となれば、やはり人間にしか出来ない仕事に携わるほかありません。そんな方々に紹介したい、看護の道。患者を思いやり、表情や仕草から容体を察するというのは、やはり人間にしか出来ない仕事です。看護師となるには、看護学校へ通うことが一番のルートでしょう。看護学校は意外にも全国各地に点在しています。大きな市内であれば、5校程、通える範囲にあるのではないでしょうか。または、通信教育等で学ぶこともできます。しかしながら、人命に関わる専門的な知識を要するので、看護学校へ通い、学ぶことが望ましいでしょう。看護学校の偏差値は、おおむね47〜60あたりです。専門学校だから偏差値が低い、ということはなく、一般の大学と同じく、学校ごとにばらつきがあります。もちろん偏差値だけではなく、周辺環境や学校で学べること、どのような進路があるかをふまえ、自分にあった看護学校を探したいものです。

年代性別を越えた職業

看護師という職業は、年齢も性別も拘らずに、誰もが就くことの出来る人気の職業です。女性主体のイメージの強い「看護婦」という単語が見直され、「看護師」という名称へ変化し、男性看護師も増加傾向にあります。また、看護学校は昼間定時制や夜間定時制の学課を導入している学校もあるので、社会人として働きながら学ぶことができます。さらに、看護学校は中学卒業後、誰でも通うことができるので、学歴の壁が低いということも、人気の理由の一つでしょう。そして何より、病院は全国各地にあり、引っ越した先でも望めばすぐに仕事は見つかります。既婚女性の方ですと、旦那さんの転勤でせっかく就いた仕事を辞めなければならない…という状況があるかと思いますが、看護学校に通い、資格を身に着けていれば、いざという時も安心ですね。少子高齢化が進めど、人が生きていく限り、医療の世界に人手は必要です。就職、転職をお考えの方がいらっしゃいましたら、看護の道はいかがでしょうか。

Copyright © 2016 豊富な知識と実技スキル|理学療法士の夜間なら社会人でも勉強できる All Rights Reserved.